傾斜計 CPT2200シリーズ

概要

本傾斜発信器は本体の傾斜量を内蔵したシンクロ発信機と重錘により検出し、シンクロ電機信号を出力する扉体傾斜計(開度計)です。

鋼製起伏堰(ゴム袋体支持式)(SR堰)の扉体の角度(高さ)を計測する堰高検出装置として利用します。

半起立状態で任意の開度による流量調整、水位制御を実現します。

外観

傾斜計(SR合成起伏堰用) CPT2200シリーズ

特徴

  1. 中間開度での運用を実現します。
  2. 従来の海外製傾斜計にみられた不安定なアナログ信号ではなく、高精度のシンクロ信号を出力します。
  3. JIS-IP68に準拠した防水構造です。
  4. 変換器の併用で、シンクロ信号以外に、4-20mA、BCDデジタル信号出力も可能です。

取付位置

仕様

仕様

型式 CPT2210 CPT2220
本体材質 アルミ ステンレス
環境条件 温度 -10〜+50℃
構造 防水構造 JIS-IP68準拠
電源 AC100V 50/60Hz
耐電圧 AC1000V 1分間
絶縁抵抗 DC500V 10MΩ以上
検出角度 0〜90度程度
検出精度 ±0.5度
ケーブル長 ご指定ください
本体質量 約3.6kg 約10.2kg

外形図